<   2017年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

「根曲がり竹」(チシマザサ)を採って来ました。

c0160368_16494149.jpg
至るところに熊の足跡や糞がありました。
竹といえば熊の大好物ですからね。
熊のテリトリーで遊ばさせてもらっているという「感謝の気持ち」忘れないようにします。
c0160368_16534935.jpg
樹齢200年は経っているのではないでしょうか?
大きなブナの木を目印にして行動しました。
c0160368_16560865.jpg
帰ってからの皮剥きが大変です。近所のオバチャン達が応援してくれました。
c0160368_16594704.jpg
森川「親爺」は若い頃、60キロを背負って山を下ったそうです。身体の作りが違う訳ですよね。

[PR]
by morikawasou | 2017-05-31 16:48 | Comments(0)

「安達太良山」に登って来ました。

c0160368_16452461.jpg
竹がしげっていると習性ですかね⁉「根曲がり竹」を探してしまいます。
c0160368_16472652.jpg
山頂直下にはまだ雪が残っていますが、さすがにここまでスキー板を担いで来る人はいないです。
c0160368_16492802.jpg
山頂まで間近です。頑張って登りましょう。
c0160368_16503060.jpg
山頂です。田中陽希くんの気分です⁉
c0160368_16531888.jpg
相変わらず長靴での登山です。ぬかるんでいても歩きやすいし、硬いビブラムよりもホールドが良いです。ただし登山者から「牛乳屋さんが登って来た」と声をかけられてしまいます。
c0160368_16565979.jpg
明日は本格的に根曲がり竹を採って来ます!
熊には会いたくないです。熊避け鈴も効果がないようです⁉

[PR]
by morikawasou | 2017-05-30 16:43 | Comments(0)

「ノビル」食べました。

田植えの応援をしながらも、今宵のツマミを考えているのか……畦道でノビルを掘る「森川荘親爺」
c0160368_19382394.jpg
朝鮮付けのタレに浸けて食したら、美味しくて写メ撮るのを忘れてしまいました。
他にも「セリの根」を採り、キリタンポ風に鍋で食べたら、もう病み付きになりますね。捨ててしまう部位が一番美味しい事が解りました。
c0160368_19472889.jpg



[PR]
by morikawasou | 2017-05-29 19:33 | Comments(0)

三の倉スキー場の菜の花が真っ盛りです。

c0160368_19591152.jpg

c0160368_19594425.jpg
夏から秋にかけては、スキー場全面にヒマワリが咲き誇ります。
会津に来た際には要チェックです。

[PR]
by morikawasou | 2017-05-28 19:56 | Comments(0)

田植えの応援に行きました。

森川荘に何時も応援に来てくれる、熱塩の伊藤さん夫婦の田植えの応援に行きました。
苗床から苗を運びますが、森川「親爺」は抜かるんだ苗床を歩かずに、移動式滑車を利用することを考えました。何事にも頭を使う「親爺」だと感心させられます。
c0160368_20313594.jpg
苗を軽トラに乗せて、田んぼでは専用の植え付け機で見事に植えられました。
c0160368_20373127.jpg

c0160368_20385430.jpg
c0160368_20400781.jpg
「連ドラ」の奥茨城の田植えはきっと人力で行っていたのでしょう。
作業着が泥だらけになる「快感?」を味わえた一日になりました。
c0160368_20482842.jpg


[PR]
by morikawasou | 2017-05-27 20:22 | Comments(0)

ライズなし⁉

夕暮れまで水面を直視していたけど、「夕まづめ」のライズを見ることはありませんでした。カゲロウの羽化にはまだ早いのですかね?
c0160368_22300349.jpg

c0160368_22303053.jpg
何故かバス釣りの方が絵になりますね。
c0160368_22314602.jpg
明日は森川荘総出で田んぼの苗付けに行って来ます。

[PR]
by morikawasou | 2017-05-26 22:25 | Comments(0)

今日も山菜づくし。どう調理したら良いものか⁉

c0160368_20122902.jpg

c0160368_20125787.jpg

なんたって「ワラビ」は伸びほうだい。
c0160368_20035964.jpg
でも食べ頃の「ワラビ」は今採って欲しいです。。
c0160368_20054118.jpg
安心してください。ワラビの収穫って以外と長いんです。
山葡萄の新芽も天ぷらにすると美味しいですよ。
c0160368_20101933.jpg

アケビの新芽、不味い訳がないでしょう‼
c0160368_20144431.jpg


[PR]
by morikawasou | 2017-05-25 19:57 | Comments(0)

何処にでもある「イタドリ」ですが……

別名「スカンポ」。森川「親爺」は子供の頃皮を剥いてオヤツとしてかじっていたようです。
c0160368_09410787.jpg

c0160368_09413350.jpg
先端の柔らかい部分を折って来て、ピーラーで皮を剥き食べやすい大きさに切り、熱湯で湯がきます。シャキシャキとした食感を楽しみたいので10~15秒位かな。それを一晩水にさらします。
c0160368_09473816.jpg
 
c0160368_09480813.jpg
四倍濃縮の出汁つゆと刻み塩昆布で味付けして(お好みで唐辛子少々)ゴマ油で炒めて完成です。
c0160368_09510613.jpg

好評なので今日も作ります。
c0160368_10001620.jpg

[PR]
by morikawasou | 2017-05-24 09:37 | Comments(2)

5月23日「一本桜」に会ってきましたよ。

華やかな時を過ぎ、さぞかし寂しげな表情で立たづんでいるのかと思いきや、そこに立つ「一本桜」はやり遂げた清々しさを感じさせるものでした。
c0160368_20385052.jpg
それより、一本桜正面の渓流ポイントに尺オーバーの岩魚が悠々と泳いでいる姿に視線が集中してしまいました。「一本桜様・ごめんなさい⁉」
c0160368_20430863.jpg
明日は「イタドリ」の森川荘なりの調理方法をアップする予定です。期待していてください❗

[PR]
by morikawasou | 2017-05-23 20:35 | Comments(0)

5月22日「お祭りを避けて来てくれた常連客」

渓流釣りが目的なのか、山菜採りがメインなのか……ご自分でもわからなくなったようです。
c0160368_20154542.jpg
植生を痛めない為に全てを採らずに、花目だけを摘みましたが……この一帯はあまりにも多いので、ソーットしておきました。(花ワサビです)
c0160368_20194541.jpg
今の季節だからこそ「大地の恵み」を満喫出来るんですよね。
c0160368_20214587.jpg

c0160368_20221698.jpg
久々にフライマンが来てくれました。パラシュートに反応したと喜んでいました。釣果はなくても魚とのやり取りが面白いんですね。
c0160368_20263979.jpg
早稲沢周辺の山菜は残すところ「山ウド」「ワラビ」「イラクサ」「モミジガサ」「ドコナ」「ミズナ」「アケビの芽」「花ワサビ」「行者ニンニク」「シオデ」くらいですかね⁉集落周辺の「ハリキリ、タラ、コシアブラの新芽」は既に伸びきってしまいました。山菜に詳しい人ならば、まだまだ探せると思います。忘れていました根曲がり竹(姫竹)の季節ですね。

明日は久々に「一本桜」を見て来ます。

[PR]
by morikawasou | 2017-05-22 20:10 | Comments(2)